京都の大学生が自転車を頑張ってみる

自転車乗りのなんでもない日常

東近江クリテリウム2016出てみたら優勝した

久しぶりにホビーレースにエントリーしてきました~

学連のレースに出ているとホビーレースに出ている暇がないので割とホビーレースは初めてと言っても良いくらい。

 

最近乗ってなかったからスポーツⅠにエントリーしたけどエリートはあの桐Pさんが出てたしエリートじゃなくて良かった...。死ぬとこやった...。

結果

スポーツⅠ 2位

メイタンカップラウンド2 1位

メイタンカップラウンド3 2位

 

さてさて以下レースレポート。

今回スポーツⅠで2位、それから梅丹カップにも出られて、ラウンド2で1位、そのおかげでラウンド3にも進出できてラウンド3は2位というレースレポート。

商品は梅丹カップで1位は梅丹サイクルチャージの金、2位は黒を箱でもらいました。

1箱5000円近いから2箱で1万円...エントリー代とレンタカー代で丁度くらいかな笑。

 

レースレポート

スポーツⅠ(1.6km×11周)

エントリーは22人、出走は15人と少なめ。でもマトリックスの選手が5人くらいいるので見た目多く見えるw

てか20人もいると見た目はかなり多そうに見えるからよく分からんわ。

他のクラスを見てるとマトリックスの引きにドンドン千切れていく人がいて、マトリックスの後ろにいたら勝てそうな予感。でもさすがにスポーツⅠくらいなら千切れないとは思うけどなぁと思いながら、久しぶりのレースなので若干緊張しながら出走。

季節外れというか天気予報より気温も暑く日差しも素晴らしくとてつもなく暑い。

のでアップ無しで走り出す。そしてマトリックスのつくり出すペースに3周目にして死にそう。やっぱり心拍くらいは一回あげておくべきだわ。エリートクラスじゃないのに千切れるとかさすがにやばいんじゃね...と思ってたらどんどんマトリックスが消えていってペースが落ちる。そうすると心拍も少し下がって余裕が出てやっとここでアップ完了w。

コース的に素晴らしくド平坦で一人で逃げても風に押されて負けそうなので逃げはできにくそう。3人くらいなら逃げられそうだけどあまり逃げを打つ人もいないと。みんなしんどかったのかもしれないけど...。一応去年のリザルトトップ3は見てマークしておきましたw。基本!w。

レースはほんと淡々と進んでいき、スプリントになる感じしかしなかったので自称スプリンターとしては嬉しい展開。ラスト2周に入っても特にペースも上がらないし1周になっても上がらない。ここは学連と違うな~。

そしてバックストレートで一気に上がって先頭を引くマトリックスの後ろに入って2番手という好位置!...のつもりがマトリックスの人が引き辞めようとしたので「もうちょっと引いてください!お願いします!」って言ったらニヤッてしながら下がっていったw。ということで最終コーナー手前にして先頭に立ってしまうというワナ。まぁでもペース落とすわけでもなく後ろの人が上がってこないようにペースは維持して最終コーナー。

ここでバルバの方がイン側から入ってくるけどうまく曲がれてなくて出口で失速。去年トップ3には入ってたはずだけど、最終コーナーのスピード乗せないとダメなところでイン側から入るとそりゃブレーキ多めにかけないとダメだし失速するわ。あそこは普通に後ろについてアウトインアウトで通ってスピード乗せたままスプリントするのが正解。で、もしスプリントに自信がないならバックストレートに入ったところでアタックするか先頭で最終コーナーに入るかなんやけど...まぁそんなことはどうでもいいか。

ということでコーナーの出口で失速するバルバをイン側から抜くために自らも若干の失速をしつつ出口からスプリント開始。コースプロフィールには180mて書いてたからいけるやろ思ってたけど、風下を閉めるの忘れてた。スプリントに持ち込んだら勝てると思ってたけど今回の斜め風だと風下に入られたら抜かされるな-。

ということで2位。残念。

 

メイタンカップラウンド2(0.8km×7周)

スポーツⅠの全員、スポーツⅡ、Ⅲの上位15人が出られるメイタンカップ。

コースはショートコース。いや上がるとこなくね?後ろから出走したらもう終わりじゃね?と思ったけどそんなことはなかった。ていうかスポーツⅠの30分後くらいで、ただ単にしんどい。出走するかも悩むとこやったけど3位までに入ればメイタンもらえるしとりあえず出て、どうしてもしんどかったらDNFしようと思いながら出走。

最後尾付近からスタートして2周くらい様子見てたけどみなさんコーナーのたびに膨らんだり独自のライン取りをする方が多くヒヤヒヤ。そこ膨らむ!?という方やそこそんなに曲がる!?と言う方まで。アンダーステアオーバーステアが混在するレース

ということで落車に巻き込まれたくないからバックストレートでするすると前に。意外と簡単に上がれるから後ろ出走でも問題ないなーと思いながらどうしようかと思ってたけど、みんな結構ペース上げないしコーナーは遅いし、もしかして逃げかな...とうっすら思う。そうすると5周目に入ったところの最初のコーナーでスポーツⅠで優勝した人が先頭、僕が2番手で入ると。で、後ろが若干離れかけてて、タイミング的にここかな?という感じのところで決断を下す前に体が勝手に動いてアタック。ここからほぼ3周逃げることに。

とりあえず残り3周だし2.4kmだから全力でもいけるし、集団の追いつける希望をなくしたいのでできるだけ離しにかかる。最大10秒くらいまで離れたかな。ただ残り1周に入る手前からもうしんどくて『ミスった...1周早かった...』と思ったけど、残り2周でアタックしてたら誰かついてきてたかもしれないし、割と適切なタイミングだったのだと思う。みんな若干早くね?てことでついてこなかったんだと思うし。で、最後1周は耐えて余裕を持ってゴール。最終コーナー超えてからはどんなポーズでゴールするか考えながら。

メイタンサイクルチャージの金を箱で、土井さんから受け取り満足。エリートも入ってくるラウンド3は3位までに入れない気がしてたので良かった~と思ってた。

 

メイタンカップラウンド3(0.8km×7周)

メイタンカップラウンド1,2とエリート全員で行われる最後のメイタンカップ。本日3レース目。でも間にキッズレースとエリートのレースがあったので2時間ほど休憩。逆にエリートは終わってすぐだったのでかわいそうw。

噂の桐Pさんがいたので(エリートでも序盤にマトリックスと逃げてたw)マーク。あとはスポーツⅠで1位だった人と、この2人には注意しながら走ろうと。

また後ろからスタートしたけど、今回は3レース目で疲れてるしスプリントに持ち込みたいなと。そして最初のコーナーで恐らくビギナークラスの人っぽい方が素晴らしく減速する。突っ込みそうになるも回避したけどせめて周りのスピードに合わせて曲がって欲しい...。のでまた落車回避のため先頭付近でうろうろ。途中スポーツⅠで優勝した方が逃げに入ったけど当然そのまま逃がすわけもなく吸収。まぁ僕自身は特に動いてはないけど、ラウンド2で僕が逃げ勝ちしたので逃げは逃がさない的なのがあったのかも?

そしてラスト2周?位でアノ桐Pさんがバックストレートでアタックwww。これはwwwと思い後ろについてマーク。てか誰もつこうとしてなくてこの人は逃がしちゃまずいでしょ...。一緒に逃げると言うよりは逃げをつぶすための付きという感じ。まぁこのまま2人になっても良いなとは思ったけど。桐Pさんスミマセンw。

でもこの動きで5人くらいに先頭集団はなってたみたい。後から写真見ると。そうしてそうして最終ラップに入り最終コーナー。またもやイン側に突っ込んでくる人。もうホビーレースはそういうものなんだと思って、突っ込んでくる人がいる前提でコーナーに入るから驚きはしなかったけど...。でも見たことない人だったので誰かなーと思ってスプリント開始したら、地面のウネウネに足をとられ一瞬力を抜いてしまう。そして追いつけず2位。

うーん自らスプリントに持ち込んでおいて優勝できないのはダメだなぁ。でもまたおもしろい経験積めたし、一回は優勝できたのでよし!

今度はジャパンカップのオープンレースで!