読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都の大学生が自転車を頑張ってみる

自転車乗りのなんでもない日常

AACA 2017 第1戦 1-1

レース

だいぶんお久しぶり。。。

大学の方がかなり忙しく、時間がないとかじゃなくて肉体的にしんどくてここ3週間くらい自転車にまたがることもほとんどなく、トレーニングというトレーニングはできておらず。。。そんなこんなでAACAの第1戦を迎えるというw

そしてこのレースがKINAN AACAとしてのデビュー戦でした。思ったよりウエアは紺色が濃かったな。下は京大ジャージ、上はKINAN AACAジャージで出ました。

レース展開

目標はできれば完走、でもアロマオイルほしいので逃げに乗りたい。風はZコーナーの後が向かい風。いつもとは逆。晴れ。

序盤

なんと逃げが2周目に決まってしまう。いつもは30分くらいドンパチするので後方待機してたら完全に乗り遅れ、一応追走ができるかなーと思って前に上がって見るも集団の雰囲気はまったりになっており、あきらめて集団に埋もれる。そこからはできるだけ体力を消耗しないように走る。

中盤

逃げを吸収しようとする動きに便乗しようと、前に上がってローテーションに入ったところめちゃしんどい。向かい風で45km/hだったのでかなり踏み踏みしてたのもあるとは思うけど、さすがに3週間乗ってないときついか・・・と思いローテーションから外れ、完走に切り替える。ペースの上下はあるものの、全然きつくない。

終盤

逃げを吸収してからシャッフルはあるものの集団ゴールかと思っていたらラスト2人逃げが決まった。前で展開できる能力はなかったし、なにより脚の攣りがすばらしい。途中伸ばしたり水をかけたりしながらごまかして最終のゴールスプリントに備える。バックストレートで元全日本TTチャンプに前輪持って行かれそうになるも高速だったのでバイバイン跳ねまくっただけで助かった。そういえば去年の第1戦は勝ってたなと思ったので後ろにつくも、埋もれだしたので近くにいたシモジマンに変更。でもやっぱり埋もれ、、、というか、脚の攣りがすばらしいので踏めない。そのままなだれ込んで、10位ちょいくらいでゴール。

振り返り

まともにトレーニングできていなかったので、完走を目標にしたから展開には乗ることができなかった。が、今は仕方ないのでとりあえずどうやって社会人レーサーとして強くなれるか考えよう。。。

ちなみにNP200Wとかなり低い。すばらしい効率の良さ。最近パワーメーターの調子がおかしいので、正しくない値かもしれないけど確かに疲れてはいないし、別に集団内にいたら踏むところもないし、こんなもんかもしれない。