京都の大学生が自転車を頑張ってみる

自転車乗りのなんでもない日常

6000km走ったタイヤを替えたら恐怖が待っていた

 

僕が使っているコンチネンタルのグランプリ4000sⅡは、耐久性が抜群すぎて5000kmなんて余裕、恐らく10000kmもいけるとは思います。が、さすがに平らな部分が1cm以上を占めるようになってきたので6000kmを少し超えた位で交換しました。

 

 

この値段で他のメーカーの2倍の距離を走れるわけだからコスパは最高やろ!

 

...と思いながら替えて、いざ走り出してみると

 

「加速しすぎや怖い」

「下り速すぎて怖い」

 

しか感じないライドに。やっぱり6000kmも走ってタイヤが平らになっていると抵抗も多いんですねーいやーやっぱりねー

抵抗が大きい分ある意味練習にはなるかもしれんけど、乗り心地も悪くなってたみたいやし頑張りすぎるのもよくない。

 

そして最近気になっているタイヤはビットリア。ビットリアのエントリーモデル?のタイヤがクソ過ぎてめちゃくちゃ嫌いなメーカーだったけど、どうやら最近発売されたコルサG+というものはかなり良いらしい。

 

 

メーカー的には耐久性も6000kmということらしい。あんまり良いイメージないけど、使わずして嫌いになるのは良くない。いや、エントリーグレードは実際に使って嫌いになったけど。笑。

練習のときもできるだけ良いタイヤを使うのが速くなる近道なんだなぁ。