【インプレ】GP5000は改悪?新型が良いとは限らない

数年ぶりに刷新されたGrandPrixシリーズ。GP4000sⅡの信者だった僕はGP5000の登場に期待したものだ。こんなに良いタイヤがさらに良くなってるのだ。しかし実際に使ってみるとバージョンアップも良いことばかりではなさそうだ。

GP5000とは

 

 

Continentalの代表的というか、ロード乗りの基準であるともいえるGrandPrixシリーズ。GP5000はGP4000sⅡよりも転がり抵抗が低下し、耐パンク性能も上昇したという。そしてデザイン的にもトレッドパターンが変更され、レーザーで刻印されたものに。実物を見ると分かるが、4000sⅡよりも表面はざらざらしており指で触ってもグリップしそうな感じがする。GrandPrixの矛盾する素晴らしい性能の一つ、グリップ力と転がり抵抗の低さを両立しているコンパウンドだ。

GP5000へのアップグレードで感じたこと

f:id:cycle-study-315:20191015214330j:plain

まず見た目だが、デザインは前よりもかなり良い。サイドのデカールもカッコよくなったし、ドイツ国旗が目立つ感じも好き。また、トレッドパターンもレーザーで彫っているせいかざらざらしており良い。見た目は4000sⅡよりもかなり好み

実際走って感じることは、4000sⅡよりも表面が柔らかくなった。やはり芯は固いけど、4000sⅡは表面も硬かった。転がり抵抗がない感じがして良いとは思うけど、振動をすべて伝えてくるので疲れやすいといえばそう。というか、いちいち地面のタイルなどでも振動するからいちいち鬱陶しいとなるw。5000は表面が柔らかいのでタイル程度の段差はいなしてくれる。おかげでスムーズに自転車も進むから省エネで済む。

一番安心できるのはコーナーリング。こちらは誰が乗っても進化を感じられる部分だろう。明らかに、グリップしているから任せてくれという反応をくれる。4000sⅡは表面が硬いせいかグリップしているというよりも、地面転がってます!という反応だった。もちろんグリップ力は良かったけど、乗り心地、感触としては5000の方が安心できる。実際の数値的なグリップ力は知らんけど。

5000になって退化したこと

まじむかつくくらい退化しているのが耐パンク性能。サイドが弱すぎる。5000を履かせて初めての日にパンクした。いつもの道で、4000sⅡでは1回もパンクしたことがないところでだ。見てみると、サイドにうっすらひっかき傷がある。そしてチューブにはかすかに穴が開いていた。4000sⅡなら、むしろサイドにひっかき傷だらけだったがパンクなんて1回もしたことがない。学生時代もほとんどパンクの記憶はない。むしろサイドが切れていてもパンクしていなかった記憶すらあるw。

GrandPrixの特徴でもある、無敵感が5000になって失われた感がある。いつパンクするのだろうという恐怖を抱えながらのライドほど不快なものはない。

GP5000を総括

いまやほとんどGP4000sⅡが購入できなくなったため、ContinentalユーザーはGP5000を選ばざるを得ないと思うのだけれど、久しぶりにCorsaへ変えようかと思うほどには満足できていない。Corsa2.0になってから試してないし、GP5000も耐久性が気なるからな。その前にパンクでダメになりそうw。

Continental信者でも今回のGP5000は他人に進められるタイヤではなくなったのではないだろうか。無敵の4000sⅡを返してほしい。

 

 

しかしCorsaは値段がな。。。。Wiggleでもそれなり。。。。